おや?知らぬ間にダイエット・・・

先日、我家の長女が親知らずを抜きました。

下の親知らずは殆ど埋まっていたので、

歯ぐきを切開して歯を砕いて抜く手術でした。

(◞‸◟):;(∩´﹏`∩);:(´・ω・)( ´△`)(´・Д・)」(._.)

抜いた後が結構〜痛そうで

抜いた左顎が腫れ上がって別人のよう💦

糸で縫ったため口も大きく開けられず

抜糸までの1週間は辛そうでした(T . T)

普段は食いしん坊な🍙娘ですが(^^;)

痛い&片側の歯しか使えないため

自然とゆっくりとよく噛んで食べるようになりました!

初日はやわらかいものを数口、

その後も食事量はいつもの3分の一程度がやっと・・・

そして

抜糸後も良く噛む癖が継続し

この2週間でなんと❣️2キロも痩せました(笑)

そして気のせいか?小顔になったような気がします。

 

ところで・・・

どうして〝親知らず〟っていうかご存知ですか?

親知らずが生えてくるのって、

今は平均で15〜16歳の頃なんですが、
昔の人は20歳前後で生えてきてたらしいんです。

(小さいと時は顎が狭く生えるスペースがないそうです)

昔は栄養状態も悪かったので日本人の平均寿命は50歳前後

なので、子供の親知らずが生えてきた頃には
両親はもう亡くなってしまっている可能性大でした。

だから、親が亡くなって子供の親知らずが

生えるのを見られないということで
「親知らず」という名前になったんだそうです。

親知らずを抜く最適なタイミングは18~25歳らしいのです。

娘はもうすぐ24歳

ちょうどいいタイミングでした٩( ᐛ )و

若い時に抜歯した方が骨の回復が早く

虫歯や歯周病になるリスクを減らす事ができます。

女性の場合妊娠中に親知らずが痛みだしても、

妊婦に使える薬は限られているため、

痛みに耐えなければならないコトがあるようですからね。

コレ!私の小顔技⁉️(向かって左)

“おや?知らぬ間にダイエット・・・” の続きを読む